凉風音、さかののまちを、みそめふく!!

和歌集『さかみのかさね』の二「凉風音、さかののまちを、みそめふく」から。

一、敷島の、やまとかかやき、凉風音、わかみちめさめ、さかみそめふく。

一、敷島の、やまときらめき、凉風音、きみうちむすひ、ののみそめふく。

一、敷島の、やまとことほき、涼風音、なりたちひらけ、まちみそめふく。

一、小春日に、七凉風音、たちさやき、あさやかめさめ、さかみそめふく。

一、小春日に、秋凉風音、うちそよき、さわやかめさめ、ののみそめふく。

一、小春日に、神凉風音、みちあふれ、おこそかむすひ、まちみそめふく。

一、神無月、凉風音立、ひとつつみ、わかみちめさめ、さかみそめふく。

一、神無月、凉風音立、ふたつつみ、きみうちめさめ、ののみそめふく。

一、神無月、凉風音立、みつたたき、なりうちひらき、まちみそめふく。

∽………………………∽

◇四方山風音◇

一、エネルギー革命、ジャパン・ルネサンス/日本文芸復興、経済成長、はじまる。

一、従兄弟か端正込めて、育て上げた、『雅米/みやひまい』の炊き込み御飯が、好評を博する。

一、このよをは、わかよとそおもふ、もちつきの、かけたることも、なしとおもへは。藤原道長作。
栄耀栄華を極めた、藤原氏の摂関政治も、道長(996〜1028)か死ぬと急速に衰えた。

一、祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり、沙羅双樹木の花の色、盛者必衰の理をあらわす。平家物語。

一、庭先の朝顔が、最後の一輪となる。季節は、晩秋へと。そろそろ、冬支度。

∽………………………∽

翌十八日の町内運動会が終わると、年中行事も一段落する。

神無月十二日、記す、天千鶴翔!!

あやのうさき(天つ國、在住)

朝晩、めっきり、涼しく&相模野に、七秋神ノ晴風音!!

朝晩、めっきり、涼しくなりました。

∽………………………∽

一、相模野に、七晴風音、たちめさめ、ひとみかむすひ、あいみそめふく。

一、相模野に、秋晴風音、たちめさめ、ふたみかむすひ、こいみそめふく。

一、相模野に、神晴風音、たちめさめ、みつめかひらき、みちみそめふく。

一、満月に、かかやきむすひ、七風音、わかたちめさめ、さかみそめふく。

一、満月に、きらめきむすひ、秋風音、あいたちめさめ、ののみそめふく。

一、満月に、ことほきめさめ、神風音、みちたちひらき、まちみそめふく。

一、晴風音、ひとたちめさめ、かかみつる、わかみにむすひ、さかみそめふく。

一、晴風音、ふたたちむすひ、なかめさめ、きみみちめさめ、ののみそめふく。

一、晴風音、みつたちひらき、みかむすひ、まちみかめふく。

一、やよい月、晴立風音、あいめさめ、わかみかむすひ、さかみそめふく。

一、やよい月、晴立風音、さちむすひ、きみなかめさめ、ののみそめふく。

一、やよい月、晴立風音、みちひらき、かみうちむすひ、まちみそめふく。

∽………………………∽

◇四方山風音◇

一、ドイツの自動車製造会社のフォルクスワーゲン、排ガス偽装。不正放置の可能性大。信用回復は、至難の技か。

一、女優『川島なお美』、逝く。慎んで、故人の冥福を祈る。

一、マイナンバー制度、揺れる。坂村健先生のトロンOSの登場を、心待つ。

一、エネルギー革命、ジャパン・ルネサンス/日本文芸復興、経済成長、はじまる。

∽………………………∽

町民運動会が、終わると、年中行事も一段落する。

神無月四日、記す、小春日和、天千鶴翔!!

あやのうさき(天つ國、在住)

新穀米の赤飯を神棚に&敷島の、やまとこころの、歌かさね!!

夏が終わり、『収穫の秋』『豊穣の秋』の真只中。
知人の就職が決まり、新穀米の赤飯を神棚に供える。

∽………………………∽

一、敷島の、やまとこころの、歌かさね、かかやきむすひ、さかみそめふく。

一、敷島の、やまとこころの、歌かさね、きらめきめさめ、ののみそめふく。

一、敷島の、やまとこころの、歌かさね、ことほきひらき、まちみそめふく。

∽………………………∽

料理の腕前が予想外に上達した。我ながら感心する。諺には、『必要は、発明の母』とある。季節は、中秋へと。

長月廿三日、記す

あやのうさき(天つ國、在住)

姉が来訪&やよい月、かかりておごり、春風音!!

仕事の合間を縫つて、姉が来訪、母をショッピングに連れ出し、秋物衣類を見立ててくれた。

∽………………………∽

和歌集『さかみのかさね』ノ四「やよい月、春日神ノ立風音」より。

一、やよい月、かかりておごり、春風音、わかみにむすひ、さかみそめふく。

一、やよい月、つつみてあかり、日風音、きみみちひらき、ののみそめふく。

一、やよい月、ととめてひかり、神風音、あいみかむすひ、まちみそめふく。

一、やよい月、春日神ノ立風音、わかみちめさめ、さかみそめふく。

一、やよい月、春日神ノ立風音、きみみかむすひ、ののみそめふく。

一、やよい月、春日神ノ立風音、あいさちひらき、まちみそめふく。

∽………………………∽

貴殿の手塩にかけた、雅米(みやびまい)、姉にも早速裾わけしました。

長月四日、記す、凉風音立、秋千鶴翔!!

あやのうさき(天つ國、在住)