田母神・元空幕長を逮捕、選挙運動員に現金配った疑い:朝日新聞デジタル!!

田母神容疑者は都知事選後の同年3月、選挙運動の報酬の目的で島本容疑者に現金200万円を支払った疑いがある。また、2人は共謀して同年3~5月、選挙運動をした男性5人に計280万円を支払った疑いがある。

田母神容疑者は逮捕前の取材に、「島本氏から現金を配ることを相談され、一度は了解したが、多額なので『賛同しかねる』と断った。当時は違法だとは思っていなかった」と話していた。

田母神・元空幕長を逮捕 選挙運動員に現金配った疑い:朝日新聞デジタル

「ひとみ」をすばる等で観測、通信は依然復旧せず!!

『ひとみ』既に蓄電池が枯渇しており、現在の回転速度が減速しないと通信復旧のための電源が確保できない。

簡単に回転速度が遅くなるとは考えにくい。まずは国内外の機関と協力し、地上からの光学観測でわかる明滅状態から推定できる時間変化を元に、回転速度の傾向を明らかにしていく。

今回発生した通信異常は姿勢異常とそれに伴う物体の分離が主要因と考えられることから、本体部の運動状態をできるだけ正確に把握して原因を究明する考えだ。一時は通信ができたことから衛星の機能が残っている可能性もあり、通信復旧に向け長期的な運用が続けられる。

「ひとみ」をすばる等で観測、通信は依然復旧せず – アストロアーツ

三菱重工がUAEドバイから火星探査機の打ち上げを受注!!

打ち上げ回数が少ないため、ロケットの大量生産によるコストダウンができず、信頼性も確立できず、さらにロケットの製造や運用を担う工学者や技術者の育成も難しいという、厳しい状況が続いた。

今後、日本のロケットが商業打ち上げ市場に食い込み、官需衛星も含むあらゆる衛星を、安定して宇宙に打ち上げ続けるためには、これまで以上に国からの金銭面、インフラ整備などの面での支援が必要であろう。

三菱重工がUAEドバイから火星探査機の打ち上げを受注!!苦闘を続けてきた日本のロケットビジネス – ハーバービジネスオンライン

シベリア抑留中死亡者に関する資料の調査について!!

厚生労働省では、ロシア政府等から提供された抑留中死亡者の名簿について、日本側資料との照合調査を行い、名簿に登載されている死亡者の特定に努め、特定できた死亡者の関係遺族に対して、都道府県を通じて名簿の記載内容を知らせている。

また、ロシア政府等に対して、未提供名簿について、更なる調査・資料提供を要請している。

ロシア国立軍事古文書館に約70万枚の旧ソ連邦日本人抑留者に係るカード(一人につき複数枚作成されているものもあることから、何人分に相当するのかは不明)があり、抑留中死亡者の未提供情報が含まれていることが判明したことから、本年10月、カードの写しの引渡に関する合意書を締結し、カードの写しを入手することとした。

厚生労働省:政策レポート(シベリア抑留中死亡者に関する資料の調査について)