総統選においては、だいたい、40〜45%であり、国民党の固い地盤を突き崩すには、04年のときのように現職という有利さと、投票日前日の陳水扁への銃撃事件のような、何らかの『加点』が必要であるということが、伝統的な台湾選挙観察の基本条件だつた。