強い台風10号は30日午前11時現在、福島県いわき市の東南東約150キロを1時間に35キロの速さで北北西に進み、同日夕方ごろに勢力を維持したまま宮城、岩手両県付近に上陸する可能性がある。特に北日本では非常に激しい雨が予想され、31日にかけての雨量が平年の8月1カ月分になる恐れもあるという。気象庁は川の氾濫や土砂災害、高潮に警戒を呼びかけている。