新潟大と東京海洋大(東京都港区)を中心とする研究グループは、次世代のエネルギー資源「表層型メタンハイドレート」が眠る海底から、柱状に立ちのぼるメタンガスの気泡の柱「ガスプルーム」を回収する基礎技術を、佐渡島の沖合で実施した探査を通じて確立した。今回の成果を踏まえ、新潟大災害・復興科学研究所の福岡浩教授は「大規模な捕集システムで泡を船上に引き揚げ、発電用の燃料として使えるか確かめたい」としている。

http://dlvr.it/MFXWfV


2 / 3123