冬将軍が、やつてきた&ふるさとに、天立風音、ななさかり!!

二十四節気の、小雪(廿三日)が過ぎた。冬将軍が、愈々、やつてきた。

∽………………………∽

『さかみのかさねノ六』、「ふるさとに、天日神ノ立風音」から六首。

一、ふるさとに、天立風音、ななさかり、なのかみたつみ、わかひとうかへ。

一、ふるさとに、日立風音、やみひかり、ようかみつつみ、きみふたみそめ。

一、ふるさとに、神立風音、みよかかみ、このみかむすひ、いつみにかえる。

一、ふゆさとに、天日神ノ立風音、きみみちひかれ、さかみそめふく。

一、ふゆさとに、天日神ノ立風音、みちわかむすひ、ののみそめふく。

一、ふゆさとに、天日神ノ立風音、わかきみめさめ、まちみそめふく。

∽………………………∽

◇四方山風音◇

一、山里クリニック(主治医)に、母を連れて行く。院内は、マスクをかけた人で溢れていた。風邪が流行つているようだ。

一、東証株価、回復する。揮発油(ガソリン)料金、値下がり続く。エネルギー革命(石炭→石油→天然ガス→「水素&燃料電池」)、はじまる。 一、H2Aロケット29号機が、カナダの通信放送衛星を搭載して、打ち上げられた。大成功!!
2018〜19年、打ち上げ予定の、月面無人探査機には、新型ロケット『イプシロン』か使用される。

一、廿九日の日曜日は、防災訓練だ。万事、ぬかりなく。天災は、忘れた頃にやつてくる。

∽………………………∽

義母様の逝去の知らせ戴きました。慎んで故人のご冥福をお祈り申し上げます。

霜月廿七日、記す、木枯らし吹く!!

あやのうさき(天つ國、在住)

(改良型H2A、発射台へ移動、24日午後打ち上げ:朝日新聞デジタルから)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工が国産ロケット初の商業衛星打ち上げに成功した。

種子島宇宙センター(鹿児島県)から発射された改良型H2Aロケットが、カナダの通信会社の衛星を赤道上の軌道に投入した。

H2Aロケットの利用は、これまで政府系衛星に限られていた。それだけに今回の商業衛星での成功は、国際的な打ち上げ市場への参入に向け大きな意義を持つ。

ロケットは部品数が約100万点にも上り、産業として裾野が広い。科学技術立国を目指す日本にとつて重要だ。

さかみのかさねノ六

一、ふるさとに、天立風音、そらわせり、なのかかかほり、わかひとうたひ。

一、ふるさとに、日立風音、あけひろけ、ようかかめさめ、きみふたつつみ。

一、ふるさとに、神立風音、みちさかり、ここのかひひき、うみみつつくり。

霜月廿五日、記す

さかみのかさねノ五、冬風音、さかののまちを、みそめふく!!

一、敷島の、やまとななうち、冬風音、なにかかめさめ、さかみそめふく。

一、敷島の、やまとひかみち、冬風音、なのかみむすひ、ののみそめふく。

一、敷島の、やまとくみたち、冬風音、おのみかひらき、まちみそめふく。

一、やよい月、春日天神、冬風音、わかみちかかり、さかみそめふく

一、やよい月、春日天神、冬風音、きみうちめくり、ののみそめふく。

一、やよい月、春日天神、冬風音、あいたちなすひ、まちみそめふく。

霜月廿日、記す

冬風音立。朝晩は、冷え込む&久方の、ひかりほころふ、冬風音! !

冬風音立。朝晩は、冷え込む。

近代(植民地主義、産業革命に、はしまる、数百年の時代区分)が、愈々、終焉する。そして、新しい時代が幕を開ける。

∽………………………∽

『相模野に、新たす旋風か巻きおこる、活気と熱気と勇気と元気の/さかみのかさね、前書より』

∽………………………∽

一、久方の、ひかりほころふ、冬風音、わかたちつつみ、さかみそめふく。

一、久方の、ひかりおりなす、冬風音、きみみちつつみ、ののみそめふく。

一、久方の、ひかりたたすむ、冬風音、かみうちひひき、まちみそめふく。

一、霜月に、冬神風音、たちめさめ、ささめきあそひ、さかみそめふく。

一、霜月に、冬神風音、みちむすひ、せせらきうたひ、ののみそめふく。

一、霜月に、冬神風音、うちひらき、さかまきおとり、まちみそめふく。

∽………………………∽

公民館で会議(議題は、防災訓練、防犯灯の管理移行、ゴミ収集の問題、等々)があつた。

仏国の同時多発テロ事件は、欧州に長く暗い影を落とすだろう。我國も、傍観者を決め込む訳にはいかぬ。『明日は我が身』なのだ。

霜月廿日、記す

あやのうさき(天つ國、在住)


1 / 512345